テーマ:ひとりごと

ミニマリストだからミニマムなはずがない

カミングアウトします。ミニマリストと言いますね。決してミニマミストとは言わない。それがわかってるんならそういう暮らしを目指し実践することをミニマルな暮らしと言ってミニマムな暮らしなどという訳がない。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

公園で聴いた歌

海の日が19日から22日に変わったようで、年中休日のようなわたしにとってはどうでもいいことで。だったら書くなですが、ちょっとだけ書かせてね。(^^)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

丁字戦法

最近腰が痛くて、外に出る意欲がわかなくて。一応歩けはするんですけどね。整形行かねばならんのかなぁ。どうせ行っても治らんだろうし。手術とか言われたら最悪。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

世界は無音をどう表現する?

まぁえらい大層なタイトル付けちまいましたが、例によって想ったことを書きなぐっただけの内容なのです。深みもなんにもありません。オノマトペは面白いな。ということについてです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合成の誤謬

何年か前から、大衆理容と言うんでしょうか、普通より安い散髪屋さんばっかり行ってます。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アマビエ様

アマビエを最近まで知らなくて、私の通う病院にB5ぐらいの紙にアマエビの絵が書いてあって、それが束になって置いてあって、ご自由にお持ち帰りくださいとなっていて、なんか、どっかの神社か何かの御札のたぐいだと勝手に判断してしまって、興味ないのでよく見もしなかった。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

患者を診ずに、数値を見る

人間、長年同じようなことを繰り返していると、本来の目的を忘れてしまって、単なる手段にこだわり、その成否に一喜一憂する。そしてその手段に頼ろうとする。そして手段追及があたかも目的のようになってしまう。そして積み重ねた経験によって裏打ちされたその手段に対して、ある種の自信を持つようになる。そしてそれが唯一無二の最善の手段なのだと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。ここまで一気に打って変換すると、全部ひらがなになった。Google日本語入力の話。明けましてぐらい漢字にしろよって思ってるのはわたしだけでしょうか。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一つの言葉でけんかして ひとつの言葉で仲直り

月に一度通う眼科。壁に掛かった額がいつの間にか変わっている。そう思ったが、前の額が思い出せない。ひょっとしてずっと前からこの額だったのかな。と、人間の記憶の曖昧さを再認識させられながら、書かれている文字を眺めた。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

守り子の悲哀

子守唄といえば母親が我が子を寝かしつけるときにだいたいは唄うと思います。ところが守子唄といわれるものがあって、子守奉公に出された子供たちが、自分の置かれた境遇の、辛さ悲しさなどを歌ったものをそういうようです。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

無限くら寿司

無限くら寿司とかいうワードが今ネットで話題のようだ。Go To Eat キャンペーンに参加した「無添くら寿司」をもじって「無限くら寿司」というそうだ。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

わたしだけ?

冗談を言います。聞いてください。こんなどーでもいいようなことが、気になって仕方ないのはわたしだけでしょうか?
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人は変わるのか?

小学生の頃の話。あれは3、4年生のときだったろうか。クラスに地味なおとなしい女の子がいた。そしていつも暗い。何故か暗い。キャッキャ騒ぐのを見た記憶がない。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カノン

歳を取るとあちこち締りが悪くなってくるという話を何度か書いた覚えがあるのですが、特にわたしの場合涙腺が弱くなってしまって、ちょっとしたことですぐに涙が出る。テレビの感動話であったり、ユーチューブの歌であったり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝食バイキングで見た光景

以前長男と二人暮らししていた頃は、よく二人で連れ立って朝ごはんを食べに行ったもんです。ファミレスの朝食バイキング。日曜日の朝とかにね。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

半沢直樹

もう何話目だろうか。7年ぶりの半沢直樹。前作は楽しく見させてもらった。一週間が待ちきれないほどだった。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ありがとうございます」

信号待ちしていたら、あとから来たOLが、少し離れた横で立ち止まるやなにか落としたのが目に入った。OLはそのまま上着を脱ぎだした。あまりにも暑かったのだろう。網で焼かれるサンマの気持ちがわかるくらいな暑さだ。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

時代遅れ

世の中の進み具合が速いのか、還暦を過ぎたわたしの頭が時代の流れに追いつけないのか、どっちなのかはわからんけど、どっちにしろ相対的に見て亀の如き歩みのわたしなのです。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

川柳作った! 腕相撲 親父に勝てず・・・

川柳の紹介です。腕相撲 親父に勝てず 泣いた夜この句はお題が「くよくよ」なんですが、ちょっとこれは違いましたね。くよくよと言ったら後悔し反省し悲観する、みたいな意味かと思いますが、この少年は悲観してるわけじゃないですよね。悔し涙をいっぱい目に溜めて、いつか必ずリベンジしてやるぞの闘志満々ですよね。でもくよくよのお題のコンテストに…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

頑是ない歌

思えば遠く来たもんだ十二の冬のあの夕べ港の空に鳴り響いた汽笛の湯気は今いずこ 雲の間に月はいてそれな汽笛を耳にすると竦然として身をすくめ月はその時空にいた それから何年経ったことか汽笛の湯気を茫然と眼で追いかなしくなっていたあの頃の俺はいまいずこ 今では女房子供持ち思えば遠く来たもんだ此の先まだまだ何時まで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

10万円給付金が保留中って、なにそれ?

特別定額給付金を申請してから何日経つだろか。わたしの住む神戸市の場合、審査が済むと審査の結果をハガキで通知してくれるとのこと。 それを信じてただひたすら連絡の来るのを待っていたわたしが馬鹿だった。人に言われて神戸市の特別定額給付金関連のHPを覗いてみたところ、審査の結果をハガキで通知はしないことにしただと。なんで変えるかなぁ。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ページトップへ戻る jQuery